スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築住宅の特例措置~貧乏の特権?~

先日、固定資産税の調査員がきました。
そして、こんな書類を置いて行きました。
固定資産税

固定資産税は、毎年1月1日に土地・家屋・償却資産を持っている方が納めるものです。
4月中旬に固定資産の価格が決まってから、納めるようですね。

ただ、新築住宅には特例措置があります。

【新築住宅の特例措置】
●新築後3年間に限り、住居部分の固定資産税が1/2

ただし、特例措置が受けられる床面積には限度があります。
つまり、豪邸を建てられるような裕福な方には、この特例は当てはまらないんですね。
あくまでうちのような貧しい家を対象とした措置のようです。

気をつけてほしいのは、あくまで上記は家屋に対しては特例措置です。

土地に関しても調べてみると、住宅用地は特例措置があるようですよ。
住宅用家屋の床面積の10倍までの面積について税負担が軽減されるようです。

3年後は特例装置がないんですね~~~

でも、家屋の資産価値はけっこうさがってますから、
負担はそんなにないのかな~~~

嬉しいような、悲しいようなって感じです

詳しくは、お住まいの資産税課等にご相談くださいね。

ぽちっとお願いします。
励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ちゅあん

Author:ちゅあん
年齢:アラサー
性別:干物女子
職業:パート

2013年都内に戸建てを購入
2000万越えの住宅ローン
奨学金とともに返済中

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
☆ランキング☆ぽちお願いします!!
リンク
最新記事
オススメ一徹さん作品
■ 一徹温泉♨

男性の温泉番組って斬新!
入浴までがおもしろい(笑)


■ 写真集


カッコ良くてかわいい(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。